お知らせ

診療時間の変更

めまいの新患は予約制となりました。事前に電話で問い合わせして、来院ください。

当分の間、午後の診療受付時間を15分短縮して午後5時45分までとしております。ご迷惑をおかけいたします。
新患および3か月以上受診の無い方は事前の問い合わせを勧めます。


診療時間について

平日は午後6時までの診療です。受付は午後5時45分までです。
土曜日は午前9時から午後1時までの診療です。受付は12時45分までです。
新患は再来診察の後になります。予めご了承ください。

耳鼻科の午後2時30分から午後3時までは検査と説明の時間です。耳鼻科の一般診察は午後3時から開始となることがございます。
初診(新患)の受付は、平日の午前9時30分から正午まで、午後3時から5時までです。
土曜日の心療系の初診は原則、お受けしておりません。
心療内科の初診は予約制です。ご来院前に必ず電話にてお問い合わせください。


アレルギー

今の時期、ブタクサやヨモギの花粉の飛散が確認されています。季節外れのスギ花粉の飛散も確認されています。(阿蘇、九重の山奥をロケハンしてきました。いくつかの地域で杉の木が花粉をつけているのを実際に確認ました。)

この時期に今まで症状のなかった方も鼻や目の症状を訴えての受診が増えています。症状がひどくなる前にきちんと対策して、不快な症状を防ぎましょう。当クリニックではアレルギーの診察を行っています。抗アレルギー薬は、新薬で「眠くなりにくい」ものや「服用する時間に制限が少ない」ものなどがあります。

雨の前後などで、気圧が大きく変動した時の、額や目の周辺のスッキリしない感じや歯の浮いた感じなどは、前頭洞や篩骨洞・上顎洞などの「副鼻腔」の炎症による病気かもしれません。のどがすっきりしないとか、咳がなかなか止まらない、一週間以上続くのど鼻~気管支の症状などが副鼻腔炎と関連していないかをご一考ください。


めまいの診療

めまいの新患は予約制となっております。事前に電話で問い合わせして、来院ください。

めまいを起こす疾患は、メニエールや良性発作性頭位めまいだけではありません。正確な診断には時間のかかる検査が必要です。そのため、めまいの新患は午前午後とも2人程度としております。事前のお問い合わせの無い場合、別の来院日をお知らせすることもございます。新患および数カ月以上来院の無い場合は、事前にお問い合わせください。

初診時には詳細な病歴聴取と問診を行います。予め、患者さんご自身で病歴や症状、困っていること、治したいことをまとめておいてください。


お薬手帳・連絡手帳

ほかの病院を受診されておられる方は、お薬手帳をお持ちになるのをお忘れにならないようお願いいたします。胃酸を抑える薬や痛み止めなど、薬が原因でふらつき感が出ることもあります。また、睡眠薬と抗生剤など、一緒に飲んではいけない薬の組み合わせたくさんあります。他院で処方された薬がわからない場合、薬の処方ができないことがございます。必ず、お薬手帳をお持ちください。

保育園、幼稚園、小学校などの児童で、母親以外が患児を受診させる場合、連絡手帳をぜひお持ちください。説明内容や注意点などを簡単に記入いたします。説明や指示が、母親や先生に正しく伝わらず、治療に支障をきたします。

インフルエンザやノロウイルスなど感染症の症状(嘔吐下痢、全身倦怠感、筋肉痛、関節痛、発熱など)のある方は、入り口前のインターフォンでお知らせください。待合室でほかの方への感染を防ぐためにご協力をお願いいたします。ご家族の方が感染症にり患され、同様の症状がある場合もお知らせください。


本人確認

当院では、受診の度に健康保険証と診察券で本人確認を行っております。保険証を提示されない場合は、健康保険負担分を含めて診療費を全額徴収させていただきます。健康保険が変わったときは、新しい保険証を提示ください。公費負担の受給者証をお持ちの方は受診の度にお出しください。他人の健康保険証を使った受診や失効した健康保険証を使った受診はおやめください。運転免許証等の提示で本人確認をお願いすることがございます。


まごころ駐車場・医療機関敷地内禁煙

まごころ駐車場対象の方のための駐車スペースを設けております。利用の際は県から交付された駐車証を掲示してください対象でない方の駐車は迷惑です。
法律に定められているとおり、医療機関敷地内は禁煙です。駐車場待機中の患者家族による車内喫煙と吸殻廃棄にスタッフ一同、心を痛めております。駐車場での車内を含め、敷地内でタバコは吸わないでください。