お知らせ

8月26日(金)は、通常の診療です。
8月27日()は、通常の診療を予定しております。土曜日は午後1時までです。
8月29日(月)は、通常の診療を予定しております。
8月30日(火)は、通常の診療を予定しております。
8月31日(水)午前は通常の診療の予定です。午後は、高ストレス者に対する産業医面接指導研修会のため、内科・耳鼻科とも受付は午後5時までです。

9月 1日(木)は、休診日です。
9月 2日(金)は、通常の診療を予定しております。
9月 3日()は、通常の診療を予定しております。土曜日は午後1時までです。
9月 5日(月)は、通常の診療を予定しております。
9月 6日(火)は、通常の診療を予定しております。
9月 7日(水)は、通常の診療を予定しております。
9月 8日(木)は、休診日です。
9月 9日(金)は、通常の診療を予定しております。


毎日厳しい暑さが続いていますが、朝夕は涼しくなってきました。この時期、花粉症の原因植物はイネ科植物から、ブタクサやヨモギに代表される「秋」のものに変化してゆきます。アレルギーの原因がわかっている方は症状が出る前に準備しておくことをお勧めします。
スギ花粉症については新しい治療法(舌下免疫療法)が保険適応となっています。スギ花粉の飛散時期ではありませんが、スギ花粉症がおさまった時期が免疫療法を開始するのによい時期です。毎年、春先のスギ花粉症の症状でお困りの方で、ご興味のある方はご相談ください。
代表的な通年性アレルギーであるダニのアレルギーについても舌下免疫療法が保険適応となりました。「ダニ」アレルギーでお困りの方はご相談ください。

花粉症というと鼻水や流涙と思いがちですが、「身体がきつい」、「疲れが取れない」、「風邪でもないのに咳が続く」、「コメカミや目の周囲が痛痒い」な ど、最近調子が悪いと感じる方は、アレルギーが原因であることもあります。きちんとした診断と、適切な治療で快適に過ごしましょう。

おたくふかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス、epidemic parotitis)にご注意ください。子供が耳の腫れや耳の痛みを訴えるため、耳鼻科に連れてくる親御さんもいます。流行地域での小児の耳朶や耳下腺の腫れは「おたふくかぜ」を疑い、小児科を受診されてください。感染から発症までの潜伏期が2~3週と長いので、感染経路の推定が困難なことも多い疾患です。大人が感染した場合、睾丸炎や膵炎をおこすことが知られています。


当院では、受診の度に健康保険証と診察券で本人確認を行っております。保険証を提示されない場合は、健康保険負担分を含めて診療費を全額徴収させていただきます。健康保険が変わったときは、新しい保険証を必ず提示ください。公費負担の受給者証をお持ちの方は受診の度に、必ずお出しください。

めまいの初診は、電話などによる事前の受診予約が必要です。必ず診察日と時間を確認して来院ください。めまいの診断には時間を要し、一日に検査できる患者数が限られるため、めまい初診の患者数を調整しております。紹介状がある場合でも、患者ご本人が必ず、事前にご予約のうえご来院ください。「予約なくても病院行けば何とかなるだろ」と考えていきなり来院される方については、「めまい検査は予約制」とお答えしております。

ほかの病院を受診されておられる方は、お薬手帳をお持ちになるのをお忘れにならないようお願いいたします。
当院は自立支援医療の指定医療機関です。他院の自立支援医療の受給者証をお持ちの方は受診の前に、市役所の保健福祉の担当課で指定医療機関の変更について問い合わせをお勧めいたします。有効な受給者証をお持ちの場合、変更手続きは簡単です。
初診時には詳細な病歴聴取と問診を行います。予め、患者さんご自身で病歴や症状、困っていること、治したいことをまとめておいてください。