お知らせ

めまいの初診は、事前の予約が必要です。必ず診察日と時間を確認して来院ください。診察日には、指定の時間までに必ずお越しください。
12月28日は木曜日ですが年内最後の診察日として、午前のみ診療いたします。


12月18日(月) 通常の診療です。
12月19日(火) 通常の診療を予定しています。
12月20日(水) 通常の診療を予定しています。
12月21日(木) 休診日です。
12月22日(金) 通常の診療を予定しています。
12月23日(祝日) 内科の祝日在宅医です。午前9時から午後5時まで診療所に待機いたします。急患対応を行います。耳鼻科は休診です。
12月25日(月) 通常の診療を予定しています。
12月26日(火) 通常の診療を予定しています。
12月27日(水) 通常の診療を予定しています。
12月28日(木) 年内最後の診察日です。午前のみ(12時30分まで)診療いたします。午後は棚卸しのため休診です。
12月29日(金)から1月4日(木)まで、年末年始の休診です。
新年は1月5日(金)より診療いたします。


インフルエンザ予防のため、ウイルスの多い場所への不要不急の外出は控え、外出時はマスクの着用と帰宅後はうがいと手洗いをお勧めします。インフルの感染経路は飛沫感染と接触感染です。マスクや手洗いは感染予防効果が期待できます。
のどの症状に加え、急な発熱、関節痛、全身倦怠感が強い場合はインフルエンザを疑い、できる限り早期にかかりつけ医療機関の受診をお勧めします。

気圧が大きく変動した後の、額や目の周辺のスッキリしない感じ、歯の浮いた感じなどは、前頭洞や篩骨洞・上顎洞などの「副鼻腔」の炎症による病気かもしれません。のどがすっきりしないとか、咳がなかなか止まらない、一週間以上続く咳の症状などが副鼻腔炎と関連していないかをご一考ください。

スギ花粉症については新しい治療法(舌下免疫療法)に健康保険が使えるようになりました。免疫療法はスギ花粉症がおさまった時期(5月~12月)に開始します。毎年今頃(秋から初冬)の時期、季節を先取りしたスギの花粉が飛ぶことがあります。本格的に花粉が多くなるのは年明け以降ですが、花粉が飛ぶ時期には舌下療法は開始できません。毎年、春先のスギ花粉症の症状でお困りの方で、ご興味のある方はご相談ください。(当クリニックでは原則、免疫療法は成人を対象と致します。)


当院では、受診の度に健康保険証と診察券で本人確認を行っております。保険証を提示されない場合は、健康保険負担分を含めて診療費を全額徴収させていただきます。健康保険が変わったときは、新しい保険証を必ず提示ください。公費負担の受給者証をお持ちの方は受診の度に、必ずお出しください。

めまいの初診は、事前の予約が必要です。必ず診察日と時間を確認して来院ください。めまいを起こす疾患は、メニエールや良性発作性頭位めまいだけではありません。正確な診断には時間をかけて検査する必要があり、一日に検査できる患者数が限られるため、めまい初診の患者数を調整しております。紹介状がある場合でも、患者ご本人が必ず、事前にご予約のうえご来院ください。

ほかの病院を受診されておられる方は、お薬手帳をお持ちになるのをお忘れにならないようお願いいたします。睡眠薬と抗生剤など、一緒に飲んではいけない薬の組み合わせはたくさんあります。他院で処方された薬がわからない場合、薬の処方ができないことがございます。必ず、お薬手帳をお持ちください。

初診時には詳細な病歴聴取と問診を行います。予め、患者さんご自身で病歴や症状、困っていること、治したいことをまとめておいてください。

感染症の症状(嘔吐下痢、全身倦怠感、筋肉痛、関節痛、発熱など)のある方は、入り口前のインターフォンでお知らせください。待合室でほかの方への感染を防ぐためにご協力をお願いいたします。

まごころ駐車場対象の方のための駐車スペースを設けております。利用の際は県から交付された駐車証を掲示してください。対象でない方の駐車は、ご遠慮ください。
法律に定められているとおり、医療機関敷地内は禁煙です。待機中の患者家族による車内喫煙と吸殻廃棄にスタッフ一同、心を痛めております。駐車場での自家用車内を含め、敷地内でタバコは吸わないでください。